和菓子店 青洋

お知らせ

2015年11月25日

展覧会のお知らせ

「御用聞き」
古き良き時代、京菓子の世界にも「御用聞き」という文化がありました。時には日々の菓子、時には年賀を祝う菓子。菓子の見本を持って一軒一軒お得意様を訪ねる。季節の話や近況など、菓子を通じて様々な会話が生まれる・・・

この度、この御用聞きという文化を知っていただく機会を作りたいというギャラリーのご店主様からお声を掛けていただき、お菓子の製作、展示をさせていただくことになりました。

このご店主様のご自宅には今も年末になるとお菓子の入ったお重を持ったお菓子屋さんが御用聞きに来られるそうです。お菓子を見て楽しむ事はもちろん、そこから生まれるコミュニケーションもまた大切な事。そんな京都の一風景があるという事を是非知っていただきたいとおっしゃってました。

今回はお菓子の為の器を木漆工芸家の平松源さん、陶芸家の吉村尚子さんが製作してくださり、お二人の作品も展示されます。展示の期間はお菓子が生ものである為、4日間という短い期間ですが、ご都合宜しければ足をお運びいただければ幸いです。

「和菓子でむすぶことほぎの季」
日時 12月3日(木)~6日(日)正午から18時
場所 紅椿 それいゆ
京都市中京区壬生御所ノ内町46-1(千本三条下がる)
075-406-1834
期間中、その場でお召し上がりいただける生菓子とお持ち帰りいただける平松源さんの器に入った干菓子(どちらも有料。数量限定です)をご用意しております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA